ハイブリッドシミュレーション:全車両 HSRC

ハイブリッドシミュレーションレスポンスコンバージェンス (HSRC) は、標準的な329台のロードシミュレーター上で、仮想タイヤと、デジタルスキャンされた路面と実車を組み合わせ、高精度な路面荷重シミュレーションを実現します。この反復型 HSRC 技術を用いることで、計測機器を搭載した試作車を試験場で走らせることなく、実験室で実車の耐久試験荷重を効率的に生成することができます。

アプリケーション

  • 耐久性試験荷重の生成

試験片

  • 車両全体

主な製品特徴

加速試験

実験室ベースの HSRCは、時間のかかる従来の試験場での道路負荷のデータ収集 (RLDA) から置き換えることで、 車両開発のスケジュールを圧縮します。

革新的な技術

MTSは、新しい効率性を実現して、コストと市場投入までの時間を短縮するために、試験中の物理的コンポーネントと計算モデルを統合する新しい方法を開拓し続けています。

コスト効率

反復型 HSRC 技術は、標準的なモデル 329 ロードシミュレータと FlexTest コントロールで実行可能で、特別なリアルタイム機能は必要ありません。

圧倒的な専門性

MTS のスタッフと R&D エンジニアは、世界中の産業界のパートナーと積極的に関わり、数多くの反復的かつリアルタイムのハイブリッドシミュレーションアプローチの有用性と有効性を証明しています。

注目のケーススタディ

技術的概要

HSRC(ハイブリッドシステム応答収束)
 

Hybrid System Response Convergence (HSRC) は、MTS が開発した反復技法で、逐次的なオフラインの反復技法の使用が必要な、より複雑で高帯域幅のアプリケーションで、ハイブリッドシミュレーションを実用化します。

 

耐久性試験荷重の生成

この HSRC 技術は、シミュレータに搭載された試験車両に仮想タイヤとスキャンされたデジタル路面を組み合わせて、デジタル 3 次元の試験場を作り、その上で試験車両を「走らせる」ことで、ブレーキや操縦のイベントをシミュレートします。

  • RPC の反復プロセスは、物理システムと仮想システム間のダイナミクスを調整し、 両者を同時に満足させる力と動きのソリューションを見つけます。
  • 連続した反復作業により、実際の走行負荷の測定値との相関性が高いことが証明された試験ドライブファイルが得られます。
  •  プロトタイプ、試験場、包括的なデジタルモデルの必要性がなくなります 
  • 計装化されたプロトタイプや試験場、 包括的なデジタルモデルを使用することなく、正確な耐久性試験用走行負荷を生成できます。  
  • 反復プロセスにより、システムコンポーネントをリアルタイムで操作する必要はありません。標準試験システムと既存の車両モデルで動作します。

関連製品、部品またはアクセサリ

今すぐMTS担当者に連絡してください

お見積りまたは詳細情報をご希望ですか?私たちはあなたを助けるためにここにいます。

見積を取る

リソース

 
記事

Glen Grenier博士と語るRPCの起源

耐久性試験のパイオニアが語る「リモートパラメータ制御」の誕生秘話

 
マイクロサイト

RPC Connect 最新情報

重要な変遷のアップデートとユーザー情報

 
マイクロサイト

耐久性実演ラボ

生産性・効率性を向上させるツール