業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム


応力緩和試験

エラストマ、ポリマー、またこれらの材料から作られたフォームラバーは、粘弾性、つまり加えられた荷重や変異に対する時間依存性の反応を示すことが多々あります。これらの試験では一般的に、試験片に変位を加えた上で、時間と共に減衰する変位を維持するためにどのような荷重が必要なのかを観察します。こうした試験は、一定の荷重または応力を試験片にかけて、時間と共に伸長するのを観察するクリープ試験と似ています。クリープ試験の仕組みと、応力緩和の仕組みとは異なりますが、どちらの試験もゆっくり行われ、通常、電気機械的試験システムで、何時間、あるいは何日もかかります。

MTSは、並ぶもののない専門知識と技術を有し、試験ラボが高い正確性と再現性のある応力緩和試験を実施できるようサポートしています。たとえば、専用に設計された信頼のあるロードフレームです。これにより、非常に長い期間、荷重とモーションを正確にかけることができます。また、当社は使いやすいソフトウェアを提供して、試験の簡単な設定、実行、結果の分析を促進しています。MTSの応力緩和試験は、以下の機能を備えています。

• 試験の設計や修正を効率的に行える、柔軟で使いやすいソフトウェア
• さまざまな荷重要件に対応できる、卓上型とフロアスタンド型の電気機械式
   および油圧サーボ式ロードフレーム
• さまざまな種類と大きさの材料試験に対応する、幅広い品揃えのグリップと治具
MTS Landmark; Servohydraulic; Load Frame; Dynamic; Testing; Tension; Compression; Flex; Bend; Fatigue; Fracture; High Temperature; Metals; Composites; Ceramics

MTS Landmark® 材料試験システム

MTS Landmark 材料試験システムは最新の油圧サーボ技術、FlexTest® 制御、アプリケーションソフトウェアおよびアクセサリを統合し、幅広いコンポーネントおよび材料の疲労寿命研究、破壊進展研究、引張り/曲げ/圧縮試験を可能にします。


testsuite; software; multipurpose; mp; mpe; elite

MTS TestSuite™ 多目的ソフトウェア

試験の作成、実施、レポートの作成および試験後データの分析用のモジュール式で非常に強力なソフトウェアプラットフォーム