業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム


疲労き裂進展試験

疲労き裂進展試験では、金属、セラミック、複合材、その他の材料の初期き裂の進展率を、周期的な駆動力の関数として明らかにします。最も一般的なのは、応力度の範囲です。亀裂サイズ測定の自動化は、コンプライアンス法や電位降下法を利用して行われることがしばしばです。多くの場合、疲労き裂進展への相乗効果の主な原因となることが実地で見られる環境を模した熱状態や化学状態の下で試験が行われます。疲労亀裂進展試験では、耐損傷用に設計されたコンポーネントにおいて検査間隔を設定するための基礎として使用できるデータが生成されます。

MTSには、疲労き裂進展試験の幅広い専門知識と、あらゆる疲労試験における40年以上の経験があります。MTSにはまた、正確性と再現性の高い疲労き裂進展試験を実施する際に試験専門家が必要とする最先端の技術があります。ソリューション一式には、ロードフレーム、ソフトウェア、制御装置、治具が含まれます。具体的なサービスは以下の通りです。

• さまざまな荷重要件に対応する、剛性の高いフロアスタンド型の油圧サーボ式
   ロードフレーム
• 強力な試験設計能力を備えた、直感的で使いやすい汎用ソフトウェア
• 高いチャンネル密度と大きな容量を備え、環境設定の自由度が高いデジタル
   制御装置
• 疲労き裂進展試験専用に設計された亀き裂開口変位(COD)ゲージ、U字形
   グリップ、ポイント曲げ治具などのアクセサリ
Extensometer; Axial; biaxial; laser; video; contacting; non-contacting; displacement; measurement

伸び計

様々な材料試験とアプリケーションに最適な、世界で最も総合的なセレクションを揃えた耐久性のある高性能な伸び計


testsuite; software; multipurpose; mp; mpe; elite

MTS TestSuite™ 多目的ソフトウェア

試験の作成、実施、レポートの作成および試験後データの分析用のモジュール式で非常に強力なソフトウェアプラットフォーム