業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム


低サイクル疲労 (LCF) 試験

低サイクル疲労(LCF)試験では、試験片は弾性制限を越えた歪みを繰り返し加えられます。多くの場合、これらの試験は、試験片に伸び計を装着し、歪みを制御しながら行われます。試験では、疲労損傷が集中する、コンポーネントの局所的な上連続部に発生する状況を再現します。LCF試験は、歪み対寿命の曲線の元になるデータを提供するほか、有限寿命の方法論で設計されたエンジンコンポーネントの熱環境を再現するために、しばしば高温状態(摂氏600度以上)で実行されます。

弾塑性の分野で、歪みを制御して材料のサイクル試験を成功させるには、安定で精密な試験システム制御を維持することが不可欠です。MTSのLCF 試験ソリューションは、これらの要件を満たすのに役立ちます。また、当社は疲労試験と高温材料試験の分野で40年以上も専門知識を蓄積しています。重要な機能と能力は以下の通りです。

• 正確に制御するための高性能デジタル制御装置と油圧サーボ式コンポーネント
• 高圧縮歪み下での試験片の座屈を最少化する横剛性の高いロードフレームと
   アクチュエータ
• 温度上昇時でも正確かつ容易な操作性を可能にする熱歪み補正を内蔵
• 曲げ歪みを最小にする優れたシステムアライメントで、正確性の向上とデータ散乱の削減
• 試験の設計、実行、およびデータ収集のための、使いやすい高度なソフトウェア
• グリップ、伸び計、および加熱法の幅広い選択肢
MTS Landmark; Servohydraulic; Load Frame; Dynamic; Testing; Tension; Compression; Flex; Bend; Fatigue; Fracture; High Temperature; Metals; Composites; Ceramics

MTS Landmark® 材料試験システム

MTS Landmark 材料試験システムは最新の油圧サーボ技術、FlexTest® 制御、アプリケーションソフトウェアおよびアクセサリを統合し、幅広いコンポーネントおよび材料の疲労寿命研究、破壊進展研究、引張り/曲げ/圧縮試験を可能にします。


testsuite; software; multipurpose; mp; mpe; elite

MTS TestSuite™ 多目的ソフトウェア

試験の作成、実施、レポートの作成および試験後データの分析用のモジュール式で非常に強力なソフトウェアプラットフォーム