業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム


軸/捩り試験

工学的コンポーネントで使用されている材料は、稼働中に複雑な多軸応力と歪みに頻繁にさらされます。そのため、特定の用途アプリケーションでは、単軸材料のデータを基にした設計では不十分です。これらの場合、軸/捩り試験のほうが、実際の作動環境の多軸応力の状態を正確に再現できます。試験片は一般的に薄壁の管であり、管壁内の応力の状態は数学的によくわかっています。試験では、規定の位相関係にあるトルクと軸荷重が同時に適用されます。

MTS には、正確性と再現性の高い軸/捩り試験を実施する際に必要な技術がすべてあります。また、40年以上培ってきた材料試験分野の経験には、軸/捩り試験に大きく左右される航空宇宙と自動車の二つの業界の専門知識も含まれています。軸/捩り試験に関する具体的なサービスは以下の通りです。

• 軸と捩りのアクチュエータが一体になった、固有振動数が高く剛性が極端に高い
   ロードフレームが特徴の、定格軸/捩りの動的な試験システム
• 高いチャンネル密度と大きな容量を備え、環境設定の自由度が高いデジタル制御装置
• 試験の設計、修正、実施を合理化する専用ソフトウェア
• 摂氏-40~121度(華氏-40~250度)の範囲で使用できる軸/捩りの油圧ウェッジグリップ
• 摂氏-129~540度(華氏-200~1000度)の範囲で使用できる全温度対応の軸試験用
   油圧ウェッジグリップ
• 球体試験片を試験するために設計された油圧コレットグリップ
axial/torsional; materials; components; structures; biaxial

高荷重 軸/捩り試験システム

MTS モデル 809 軸/捩り試験システムは、多軸の静的および疲労応力に対する材料の応答を調べる軸および捩りアクチュエータが特徴です。


hydraulic wedge grip; hydraulic collet grip; Pneumatic grip; fracture mechanics;bend

グリップ

様々な負荷と変位を加えながら、正確に試験片の位置を合わせ固定します。