業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム


生体医学関連の軸/捩り試験

生体医学用機器に使用される材料は、しばしば、複雑な多軸応力が原因で損傷してしまいます。軸/捩り試験は、実際の使用条件にきわめて近いシミュレーションをするのに便利で、多軸応力下で金属やポリマーなどの生体材料を検証するための有用な方法です。試験片は通常、丸い棒、または生物学的なもの (死体) です。試験では、トルクと軸荷重が同時にかけられます。荷重範囲はさまざまで、15 kN / 100 Nm(3300 lbf / 890 lbf-in)から25 kN / 200 Nm(5500 lbf / 1770 lbf-in)まであります。

MTSには、正確性と再現性の高い生体医学関連の軸/捩り試験を実施する際に試験専門家が必要とする、すべての技術があります。また、材料試験分野において 40年以上培ってきた経験には、生体医学用機器の製造、および認証の専門知識も含まれています。生体医学関連の軸/捩り試験に関する具体的なサービスは、以下の通りです。

• さまざまな荷重要件に対応した卓上型の油圧サーボ式ロードフレーム
• 高いチャンネル密度と大きな容量を備え、環境設定の自由度が高いデジタル
   制御装置
• 試験の設計、修正、実施を合理化する専門のソフトウェア
• 摂氏-40~177度(華氏-40~350度)の温度に対応する軸/捩り油圧ウェッジ
   グリップ
• 摂氏-129度~540度(華氏-200~1000度)の温度に対応する全温度対応の
   軸試験油圧ウェッジグリップ
servohydraulic; load frame

油圧サーボ式ロードフレーム

幅広い材料の特性評価に使用され、高レベルの負荷発生や荷重およびモーメントの高精度制御が必要な静的および動的アプリケーションに対応


FlexTest, controller, digital, servohydraulic testing, materials, components, structures

FlexTest 制御装置

多用途なモジュール式デジタル制御プラットフォームは、材料やコンポーネント、構造物の油圧サーボ試験アプリケーションの全範囲に対応するよう設計されました。