業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム


ライン最終

ライン最終試験は、完成車両に対する短期間の機械的評価であり、多くはラインの最終段階近くで総合的なステップとして行われます。これらの試験は、オペレータが最小限の操作のみを行う自動化されたインラインオペレーションとして実施される場合もありますが、より詳細な検査が求められる場合には、オフラインの品質監査が必要となります。試験車両は、異音やその他の性能特性に関する製造上の公差に基づき、合格または不合格を決定するために所定の荷重をかけられます。製造ラインの速度を維持したままうまく問題点を発見するためには、正確で、再現可能で、実施しやすい試験が重要です。

MTSは、並ぶもののないライン最終車両試験ソリューションを有し、ライン最終試験には、その効率性向上のために特別に設計された、クラス最高レベルのMTS First Road™ソフトウェアが使われています。このソフトウェアは、試験のインプットを自在に変更できる柔軟性を備えています。直感的に使えるユーザ インターフェイスで、どのようなスキルレベルのオペレータでも、セットアップや試験の実施を素早く簡単に行えます。試験車両を試験装置に乗り入れるか、あるいは試験対象のコンポーネントを置けば、選択したシミュレーション プロファイルを正確に実行します。MTSのライン最終試験を構成するその他の製品は以下の通りです。

• 業界標準の「4ポスター」タイヤカップル式ロードシミュレータ
• 試験中にオペレータが車両内を自由に移動できる、オプションのワイヤレスリモコン
• 高いチャンネル密度と大きな容量を備え、環境設定の自由度が高いデジタル制御装置
Road Simulator; Durability; Full vehicle; Suspension; Components; Tire-coupled; RPC Pro; 4-poster; 7-poster

モデル 320 タイヤカップル式ロードシミュレータ

車両のタイヤを通じて垂直方向に荷重を加え、実際の路面で発生するのとほぼ等しい車両の応答を生成します。路面の小さな振動から、高速のでこぼこ道まで精度よく模擬します。