業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム


空気力学

風洞空力試験は、実物大の車両や航空機、または縮尺率25~60%の車両模型および航空機模型など、さまざまなものを対象に実施されます。これらの試験は、空気力学的荷重とモーメントを正確にとらえなければなりません。具体的にはドラッグフォースとサイドフォースのデータや、個別のタイヤ接触面のダウンフォースのデータなどです。また、今日の高度な空力試験は、車輪の回転による影響も考慮しなければなりません。

最終的な目標は、車両の設計を最適化して抵抗を減らすことですが、具体的な動機は業界によって異なります。モータースポーツ業界では、空気力学的抵抗の削減やダウンフォースの強化を研究するために、移動接地面と正確で再現可能な測定が必要です。乗用車開発の分野では、高い効率性と低い排気量、そして低い騒音の需要の高まりにより、空気力学者が、車体下部と車輪の設計をより最適化するために、移動接地面のシミュレーションを求めています。

複数の業界において、何十年もお客様を成功へと導いてきた実績のあるMTSは、空力試験の専門知識と、この試験のための革新的な移動接地面システムとの独自の組み合わせを提供しています。当社は、1本、3本、5本のベルトで構成された移動接地面の設計や、安定性の高い固定装置、最大風速80m/秒まで再現可能なポジショニングシステムなど、鋼鉄回転路面ベルトのパイオニアです。鋼鉄ベルトはまた、ベルト上に大きな空気力学的荷重(正圧および負圧)がかかっても安定しており、長い耐用年数を誇ります。空気力学試験に関する主要サービスは以下の通りです。

• 凹凸差±0.5mm未満の平面に対応した、当社独自開発のバキューム
   プリロードエアベアリング技術
• 設定の迅速化、生産性の向上、試験コストの削減を実現する車両固定システム
• 設定を効率化する、車両のトラック幅とホイールベースの自動調整システム
• モデルを正確に配置する(誤差±0.1mm未満)モデルモーションシステム
• 試験を効率化する連続的なモーションプレイアウト機能とデータ収集機能を備えた
   システムなど、車両模型専用に設計されたシステム一式
• 各コンポーネント用の、空気力学とモーメントのトランスデューサ(車両用および航空機用)
• 車両の揚力、ドラッグ、サイドフォースを完璧に測定するための6自由度のアンダーフロア
   バランス
• 各車輪にかかるダウンフォースまたは揚力を誤差±1.5N未満で正確に測定する
   ための、当社独自開発のベルトを介した測定システム
• 車両性能における不安定な空気力学効果を研究するための動的測定システム
• 素早く簡単に試験を構成し実行できる、直観的なアプリケーションソフトウェア
• 高いチャンネル密度と正確性の高い信号処理の、環境設定の自由度が高いデジタル
   制御装置