業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム



風力タービンブレード静的試験

風力タービンブレード静的試験では、ブレード周辺の複数の箇所に静的荷重を与え、実際の運用状況をシミュレーションします。ブレードは通常、ブレード認定やFEMモデル検証に必要な剛性試験および強度試験を行うに当たって、定格荷重の1.5倍までの荷重にさらされます。風力タービンブレード静的試験には2種類の構成があり、2つを組み合わせて実施されることもしばしばあります。具体的には、たわみが大きく高荷重である静的ブレード試験を配置するための油圧ウィンチ組み立て、および、ブレードの根元に近い部分へ高荷重(200kN)で小さなたわみを供給するリニア アクチュエーション組み立ての2種類です。

MTSは、風力タービン静的試験プログラムの着手と管理で成功するためのサポートに関して、独自の地位を築いてきました。翼などの大きな航空宇宙コンポーネントに極めて高い荷重をかける実証済みの技術を活用することで、MTSのソリューションでは、頑丈な油圧ウィンチやリニア アクチュエーションの技術を組み合わせて、ブレード沿いの複数の脈打つ場所に対し、連動する精密な荷重とクローズドループ制御を実現します。MTSの風力タービンブレード静的試験が持つその他の主要機能は以下の通りです。

• 特別に設計された油圧ウィンチ荷重装置とアクチュエータ荷重装置
• 高いチャンネル密度と大きな容量を備え、環境設定の自由度が高いデジタル制御装置
• 接に統合された制御とデータ収集のためのオプションのソフトウェア
• 信頼性の高い、静かでクリーンな油圧源
• 設備のプランニング
FlexTest, controller, digital, servohydraulic testing, materials, components, structures

FlexTest 制御装置

多用途なモジュール式デジタル制御プラットフォームは、材料やコンポーネント、構造物の油圧サーボ試験アプリケーションの全範囲に対応するよう設計されました。