業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム



風力タービンブレード疲労試験

風力タービンブレード疲労試験では、一般的に、ブレードの振動を励起して望ましいひずみ速度を得るための手段として、ブレードに対して、クローズドループ・コントロール制御下で共振周波数の自動サイクル荷重をかけます。与えられるサイクル荷重の共振周波数は、フラップ部分で通常0.5~2.0Hz、翼端部分で通常2.0~5.0Hzです。この一定振幅疲労試験は、ブレードモデルの有効性の実証、永続性に関する設計の検証、荷重プロファイルの確認、初期不良や初期亀き裂および特性変化の追跡に用いられます。また、地面に固定した構造荷重アクチュエータを用いて、共振周波数以上または共振周波数以下の周波数で荷重を与える試験を行う場合もあります。

MTSは比類のない技術と専門知識を提供し、正確な風力タービン疲労試験の実施をサポートいたします。MTSの疲労試験ソリューションは、コンパクトでエネルギー効率の良いUREX(ユニバーサル共鳴励起)システムを採用しており、共振周波数のサイクル荷重をフラップおよび翼端に正確に与えます。風力タービンブレード疲労試験が備えるその他の主要機能は以下の通りです。:

• 最先端のブレード共振および追跡ソフトウェア
• 高いチャンネル密度と大きな容量を備え、環境設定の自由度が高いデジタル制御装置
• 信頼性の高い、クリーンで静かな油圧源
• 設備のプランニング
FlexTest, controller, digital, servohydraulic testing, materials, components, structures

FlexTest 制御装置

多用途なモジュール式デジタル制御プラットフォームは、材料やコンポーネント、構造物の油圧サーボ試験アプリケーションの全範囲に対応するよう設計されました。