業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム


ワイヤーロープおよびケーブル試験

ワイヤーロープおよびケーブル試験とは、要するに、名吊り橋などの土木構造物のほか、海洋や採鉱などさまざまな分野で使われるワイヤ、ケーブル、チェーンを対象に行われる大規模な材料試験です。一般的に静的試験とサイクル試験が荷重制御の下に行われ、しばしば高荷重のロードフレームが必要になります。これらの試験では、現実的な作業環境におけるこれらのコンポーネントの性能と耐用年数に関して、重要な情報が得られます。

MTSは、高荷重で高性能なメカニカル試験に秀でており、耐久性試験とさまざまな材料試験の分野で40年以上の実績があり、この特有の分野向けにカスタム設計された試験システムを開発するために必要な専門知識を備えています。また、総体的な統合ソリューションをつくり出すのに必要な技術も提供しています。ワイヤーロープおよびケーブル試験に関する具体的なサービスは、以下の通りです。

• 高荷重アプリケーション用途に設計された、標準型およびカスタム型の高剛性
   ロードフレーム
• 最大15,000 lpm(4,000 gpm)まで評価できる高流量サーボバルブ
• 構造物用の高荷重動的アクチュエータおよび油圧源
• 高いチャンネル密度と大きな容量を備え、環境設定の自由度が高いデジタル制御装置
• 試験の設計、実行、およびデータ分析のための、直感的で使いやすいソフトウェア
High force; Load Frame; Dynamic; Testing; Tension; Compression; Flex; Bend; Fatigue; Fracture; High Temperature; Metals; Composites; Ceramics;

高荷重試験システム

航空機コンポーネントや風力タービンブレードから建設材料、土木構造物、地質材料などの供試体に高荷重を適用


servovalve; 252, 256, 257, controlling the position, load or velocity of hydraulic actuators or require careful pressure control

サーボバルブ

油圧作動の正確な制御に対する高流量、迅速な対応、低歪み性能