業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム


免震試験

免震試験の主な対象は、地震やその他の地震事象の際に構造物を損害から守るために利用されているゴム支承ベアリングとゴムダンパーであり、これらの装置がさまざまな振動数でどのように働くかについて、重要な情報を割り出します。支承ベアリングに対しては通常、垂直にかかる大きな静荷重と水平にかかる繰り返し荷重の二軸試験を実施し、ダンパーに関しては通常、一方向のみの試験が行われます。どちらの試験も、荷重は1,000kNから 20,000kNを越える範囲内であり、これらの試験は正確に行われる必要があります。

土木構造物用の高荷重で高性能な試験システムの開発で40年以上の経験があるMTSは、試験チームが免震試験を成功させるために必要な技術と専門知識を提供します。MTSが提供する実証済みの総合ソリューション一式には、以下が含まれています。

• 高荷重アプリケーション用に設計された、標準型およびカスタム型の高剛性ロードフレーム
• 構造物向けの高荷重な動的アクチュエータ、および油圧源
• 高いチャンネル密度と大きな容量を備え、環境設定の自由度が高いデジタル制御装置
• 広帯域の地震シミュレーションを正確に生み出す革新的な地震制御ソフトウェア
High force; Load Frame; Dynamic; Testing; Tension; Compression; Flex; Bend; Fatigue; Fracture; High Temperature; Metals; Composites; Ceramics;

高荷重試験システム

航空機コンポーネントや風力タービンブレードから建設材料、土木構造物、地質材料などの供試体に高荷重を適用


Servovalve; actuator; fatigue-rated; 244; 201

アクチュエータ

優れた耐久性と高い信頼性を持つ、疲労試験用に設計された油圧サーボ式アクチュエータ