業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム


破壊靭性試験

破壊靱性は、ある材料が亀裂の入った状態でどれだけ破断に耐えられるかを示す尺度です。一般的に破壊靭性試験では、すでに亀裂の入った試験片が必要ですが、その初期き裂は多くの場合、疲労予き裂によって導入します。亀裂先端が弾力を強く保ったままである試験片の場合、亀裂が不安定な状態で広がるまで試験片に対して単調に荷重をかけて試験片を破断する方法で、破壊靭性試験が行われます。亀裂先端の可塑性が大きい場合は、破壊靱性を測定する別の尺度が使用されます。破壊靭性試験はほとんどの場合、試験手順や結果分析を自動化するソフトウェアを使用する、標準化された手順に従います。

疲労試験のあらゆる分野において40年以上培ってきた経験を持つMTSは、正確で再現可能な破壊靱性試験を実施して材料が必要な基準を確実に満たすようにするために必要な、技術と専門知識を提供します。ソリューション一式には、ロードフレーム、ソフトウェア、制御装置、治具が含まれます。具体的なサービスは以下の通りです。

• さまざまな荷重要件に対応できる剛性の高いフロアスタンド型の油圧サーボ式
   ロードフレーム
• 強力な試験設計能力を備えた、直感的で使いやすい汎用ソフトウェア
• 高いチャンネル密度と大きな容量を備え、環境設定の自由度が高いデジタル制御装置
• 頑丈で高性能なグリップおよび治具
MTS Landmark; Servohydraulic; Load Frame; Dynamic; Testing; Tension; Compression; Flex; Bend; Fatigue; Fracture; High Temperature; Metals; Composites; Ceramics

MTS Landmark® 材料試験システム

MTS Landmark 材料試験システムは最新の油圧サーボ技術、FlexTest® 制御、アプリケーションソフトウェアおよびアクセサリを統合し、幅広いコンポーネントおよび材料の疲労寿命研究、破壊進展研究、引張り/曲げ/圧縮試験を可能にします。


testsuite; software; multipurpose; mp; mpe; elite

MTS TestSuite™ 多目的ソフトウェア

試験の作成、実施、レポートの作成および試験後データの分析用のモジュール式で非常に強力なソフトウェアプラットフォーム