業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム


フライト-バイ-フライト スペクトラム

フライト-バイ-フライト スペクトラム試験は疲労試験とも呼ばれ、最初の認証試験の後に、飛行試験と同時に行われます。疲労試験は、実物大の機体、または一連の部分的構造物(翼、機体、尾翼)やコンポーネントを対象とすることもあります。一般的に、疲労試験では、飛行中に構造物が体験するであろうさまざまな方向転換状態を再現します。

疲労試験の目的は、できるだけ迅速に飛行のシミュレーションを実行し、航空機の予想耐用年数中に構造物がどのように機能するのかを理解することです。この試験は何年もかけて行われるため、できるだけ迅速に試験を実施して有効な疲労情報を得ることが不可欠です。フライト-バイ-フライト スペクトラム試験は、航空機の長期にわたる信頼性についてのデータを明らかにすることが目的であるため、静的試験よりも低い荷重がかけられます。しかし、規格に適合した構造物に対してこのような荷重を適切にかけることは、データ収集と同じく非常に複雑な作業です。

MTSは、航空宇宙業界における疲労試験のリーダーです。経験や専門知識、そして革新的な試験技術を持つ MTSは、メーカーが精度を妥協することなく試験スケジュールを早めるために必要なあらゆるものを提供できます。具体的なサービスは、以下の通りです。

• 高性能、疲労試験向けアクチュエータ
• 制御とデータ収集チャンネルをシームレスに統合し、多チャンネル、大量データに
   最適化された最新式のソフトウェア
• 傾向の監視およびプロファイルの自己最適化を含む、革新的なデータ分析ツール
• 機体の複雑な相互作用を構成し正確な荷重を管理するクロスカップリング補正
• 高速でリアルタイムのクローズドループ制御、データ収集、関数発生、トランデューサ調整
   のための汎用デジタル制御装置
software; AeroPro; DAC; DAQ; aerospace; structural

AeroPro™ ソフトウェア

最新式の航空宇宙構造物試験に強固に統合された制御とデータ収集、最先端のツールセットを提供


Servovalve; actuator; fatigue-rated; 244; 201

アクチュエータ

優れた耐久性と高い信頼性を持つ、疲労試験用に設計された油圧サーボ式アクチュエータ