業界別に閲覧 アプリケーション別に閲覧 製品タイプ別に閲覧
MTSジャパンへのお問い合わせ

お問い合わせ

ご質問はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

> メール
> お問い合わせフォーム


損傷許容/設計検証

損傷許容試験は設計検証とも呼ばれ、フライト-バイ-フライト スペクトラム(疲労)試験の最終段階で行われます。複数の試験が同じ試験片で行われ、検査基準の策定や、適切な検査周期の決定に利用されます。一般的に、試験チームは一次構造の段階で亀裂の識別や測定を行い、付加期間に疲労試験を行ってから、亀裂の進展速度を測定します。亀裂がない場合は、のこぎりで切り込みを入れることもあります。場合によっては、修復してから再び試験を行い、修復の質を評価することもあります。複合材の構造物では、より高度な方法で衝撃損傷を導入して監視することが必要になります。

航空宇宙分野における疲労試験業界のリーダーとして、MTSはいかなる航空機構造物に対しても正確な損傷許容試験を行うための理想的なパートナーです。当社は経験と専門知識、また試験を迅速かつ正確に行うために必要な技術を兼ね備えた独自のサービスを提供しています。具体的なサービスは、以下の通りです。

• 高性能、疲労試験向けアクチュエータ
• 制御とデータ収集チャンネルをシームレスに統合し、多チャンネル、大量データに
   最適化された最新式のソフトウェア
• 傾向の監視やプロファイルの自己最適化を含む、革新的なデータ分析機能
• 機体の複雑な相互作用を構成し正確な荷重を管理するクロスカップリング補正
• 高速でリアルタイムのクローズドループ制御、データ収集、関数発生、トランデューサ調整
   のための汎用デジタル制御装置
• クリーンで静かな油圧源
software; AeroPro; DAC; DAQ; aerospace; structural

AeroPro™ ソフトウェア

最新式の航空宇宙構造物試験に強固に統合された制御とデータ収集、最先端のツールセットを提供


Servovalve; actuator; fatigue-rated; 244; 201

アクチュエータ

優れた耐久性と高い信頼性を持つ、疲労試験用に設計された油圧サーボ式アクチュエータ